07 August

田神猛が重賞競走と最終レースで劇勝している件~G-HIT&最終勝負馬券8月6日検証

オッズなりコンピなり過去の成績なり

あるパターンから導き出した馬券ロジックの場合。

データイコール確率論の部分が多く、

当然ながら当たる時があれば当たらない時期もある。

好不調の波が激しい競馬商材もあれば

過去データでは当たりまくってるのにリリースされてからちっとも当たらない競馬商材もある。

ユーザーから

「過去○ヶ月分のデータ教えてください」

とか

「発売後の成績ベタ買いしたら回収率何パーセントになりますか」

といった質問をいただくことが多い。

もちろんわかる限りで回答をしてはいるが

正直この答えがユーザーの求めている本当の結果とは正直違うと思う。

過去2年で回収率150%ですよ

と答えを返した場合、

きっとそのユーザーは

「じゃあ今月20万円分投資したら10万円のプラスになる」

と考えるのであろう。

だけどそうではない。

過去のトータルが150%ということは

回収率300%の月もあれば20%の月もある。

勝ち続けた時もあればドツボの連敗の時もある。

これを踏まえての150パーセントなのです。

「いま買えば当たりますか?」

「8月に絶対勝てる競馬商材教えてください」

これもそう。

競馬に絶対はない。

そのなかでオッズなりコンピなりのロジック馬券で勝負する場合は

その確率論で以下に勝つかを考える。

これが競馬商材必勝法である。

さて、田神猛さんである。
ご存知の方はご存知なオッズ馬券師。

むかしはむやみやたらに万馬券ばかり狙って

毎年100万円以上の馬券赤字計上を垂れ流していたらしいが

2009年ころから好きな馬券を買うのではなく

確率で勝てる馬券を買うようになり

馬券黒字に大転身。

トリオウインカードが最も有名な田神さんですが

実は単勝買いが最も効率がいい。

そして田神さんに聞くと

最近はもっぱら単勝勝負が増えているそうです。

そんな田神さんの8月6日。

この日のメイン競走。

重賞競走が2つありました。

新潟競馬場ではレパードステークス

そして小倉競馬場では小倉記念。

ここで取り出す競馬商材は、G-HIT

重賞競走単勝3点買いをオッズからセレクトする

単純ですが効率の良い競馬商材。

レパードステークスはロジックから対象外のレースとなり、

この日の勝負は小倉記念のみ。

単勝3点勝負で結果は

8月6日
小倉11レース
単勝2番710円的中
回収率233.3%

単勝3点買いでこの配当は、

3連複10点買いで2330円的中と同じ回収率。

単勝なんて配当が低いじゃん、と3連複3連単を複数買いしているあなた。

ここまで効果的に馬券を当てることできてますか??

さらに最終レース。

こちらは最近復刻版がリリースされたばかりの最終勝負馬券

新潟、札幌、小倉。

3会場合わせて最終勝負馬券該当馬が6頭いました。

単勝複勝馬連3連複など推奨馬券法はいろいろあるのですが

最近発行された田神さんのメルマガで

単勝馬券を推奨していたので

これも単勝のみを購入。

結果は

8月6日
新潟12レース
単勝14番 3820円的中
回収率636.7%

藤田菜七子騎乗のコパノディールが

11番人気をあざ笑うかのような快勝で的中です。

G-HITも最終勝負馬券も共通するのは

毎週的中するわけではない。

対象レースが重賞や最終レースに限られているので

時には対象馬がいない時もある。

馬券点数も単勝で勝負するなら多くても10点程度。

少ない購入点数で勝負馬券は単勝。

万馬券などはありえない馬券法です。

それでも少ない投資なので多少の連敗でも痛手が少なく、

当たればでかい。

最終勝負馬券も、10何連敗したのですが

コパノディールの的中であっという間にプラス計上。

これが単勝買いの魅力。

そして今日明日の単純なデータではなく

継続して買い続けることで効果を発揮するのが

オッズロジックなのです。

田神猛の単勝ロジック競馬商材
G-HIT
最終勝負馬券