29 July

南関競馬をこのタイミングで買い続けるという提案

JRAは宝塚記念が終わり夏競馬に突入。

札幌の地下歩行空間では

オーロラビジョンや大きなパネル&ポスターで

札幌競馬開幕!!!

と大きく宣伝しまくり。

柳楽優弥、銀シャリ、武田玲奈が札幌競馬場にやってくる!

さぁ札幌へGO!!!と。

小倉競馬場と新潟競馬場も同じ感じで推しているのでしょう。

しかしまぁ、正直G1目白押しの時期と比べると注目も下がります。

馬券の売り上げ、メディアの扱いを見ても一目瞭然。

しかも馬券が難しかったりするしね。

それでも中央競馬が好きなんです!

という人は、全然それでOKですが

そんなにローカル競馬が好きじゃない、

夏競馬であまり戦績を残せないんだよねー

という人は、

この時期あえてJRAは軽視して

南関競馬に挑んじゃう方法だってあります。

たとえば南関競馬の投資ベースの予想メルマガ。

7月24日
対象1レース目で的中
7月25日
対象1レース目で的中
7月26日
対象1レース目で的中
7月27日
対象3レース目で的中
7月28日
対象1レース目で的中

こんな成績を残しているメルマガがあります。
コレです

それから
7月24日
3レース中3レース的中
7月25日
3レース中3レース的中
7月26日
3レース中3ース的中
7月27日
3レース中2レース的中
7月28日
3レース中3レース的中

こんな成績を残しているメルマガもあります。
コレです

いずれも人気サイドから攻めるメルマガで

これを使えば2倍3倍とバカ儲けできるという代物ではありません。

しかし方や枠複という今やマイナーになった馬券種で

枠複だからあえて勝負できる方法をとりながら投資競馬を成功させ

もう一方は3頭指名という、提示でありながら

本命はもちろん伏兵や中穴馬までズバリと当てている。

投資競馬ベースならこの2本のメルマガを使うことでOKでしょうし、

軸を決めたうえで自分の予想の強い味方にしたいとあれば

この2つの対象レースと買い目を軸にしながら

こだわりの買い目を加えていくというのも

馬券力アップのためにはふさわしいと言える。

予想が提供される

それを買う

当たれば喜ぶ外れれば悔しがる

それだけの流れからそろそろ卒業したい人は

送られてくる予想を見て、

自分の予想と照らし合わせて

的中率の高さに自分の予想を加えることで

買い目を減らすまたは増やすで

的中率を上げるまたは回収率を上げるといった

プラスαの効果も十分に上げることが可能になるのです。

複軸指南
枠複指南

ちなみにいずれの予想配信も月額制。

申込み初月は無料サービスとなっています。

土日も開催日がある8月は

トータル25日分の予想が配信。

この25日分の予想が無料で入手できるわけですから

夏の南関競馬の傾向と対策を

この8月でギュギュっと学んでしまうというのも手といえるでしょう。

複軸指南
枠複指南





06 July

南関競馬複軸指南7月3日~5日検証

6月の的中率が89.2%と

ほぼ9割的中の精度の高さを見せた

南関東競馬専門の馬券師

佐川さん監修によるレジまぐの予想配信

南関複軸指南。

6月の好調さを引き続き、

7月最初の競馬・川崎競馬開催も

まずは好スタートを切っています。
02 July

南関競馬複軸指南 2017年6月検証

枠複指南と同時リリースで

2017年6月より新発売された

レジまぐの地方競馬メルマガの

南関複軸指南。

南関競馬勝ち組の買い方佐川さんによる監修作品。

3頭チョイスで馬券に絡む馬を公開しております。

2017年6月の通算成績を検証しました。
18 June

南関競馬複軸指南6月12日~16日検証

3頭チョイスで複勝確率の高い馬を

確実にズバッとセレクトする

レジまぐのメルマガ

南関複軸指南。

南関競馬勝ち組の買い方でお馴染みの

南関競馬生活者佐川さんの監修作品。

先週の南関競馬は川崎競馬で5日間開催されました。
12 June

南関競馬複軸指南 6月5日~9日検証

的中手形がヒット中の

南関競馬勝ち組・佐川さんが監修の

複勝の軸馬チョイスに便利な

3頭配信のレジまぐメルマガ

複軸指南。

先週の大井競馬でも

5日間全てで3レースをセレクトし

それぞれに3頭の複軸候補馬をチョイスしました。

その結果をご紹介。
02 June

南関競馬複軸指南 6月1日検証

南関競馬勝ち組の買い方で一躍有名になった

南関競馬で飯を食う男こと佐川さん。

苗字が佐川さんってのは公開してるけど

名前はなんていうのかなと探してたら非公開ってことらしいです。

て。ことは佐川って本名なのか?

佐川さんのブログやメルマガ読んでる限り

川崎競馬場への出没情報が多いので

川崎、横浜、品川あたりの人なのかなと勝手に推測しています。

そんな南関競馬生活者佐川さんが監修した

複軸指南。

監修なんですよね。

作やロジック提案者じゃないんだ。

そこが正直不安だったり

どういうシステムなのかなと思っていましたが

完全杞憂。

しっかり監修してるんでしょうね。