28 July

競馬も本気でやった人が結局勝つ

何事も本気でやった人が成功する。

そして本気でやらない人は成功しない。

何を書いてるんだと言われそうですが

いろんな人の成功談と失敗談。

これらを聞いてるとそう思いますね。

同じように音楽の才能があったが

成功した人と失敗した人。

その差は何か。

運やタイミングもあったが

それらも自分に向くように努力した人が成功し、

あの時こうしておけば

こうならなければ

俺には運がなかった

という人が失敗する。

音楽と書いたが

仕事でも

遊びでも

趣味でも

特技でも

どれだけ本気で挑むか、挑まないか

その差が一日ではほんのちょっとかもしれないが

10日、一ヶ月、一年、十年と

そのちょっとの差が大きく大きく開いていく。

ん、何のこと書いてるのって?

なんでも・・・と書いたでしょ。

競馬もだよ。

馬券で勝ちたい。

そう思って勝つための研究をする。

ある人はオッズ

ある人は血統

コンピ、騎手、コース適性、タイム

いろいろとあるじゃないですか。

わたしも馬券ライターなる肩書きつけ始めて、

もうすぐ9年になりますよ。

最近じゃ、具体的なレースや競馬論的なことはほとんど書いてませんが

まぁ、競馬と携わってますわね。

馬券師と呼ばれる人や

競馬プレナー、競馬アフィリエイター

なんかともずいぶん会ってきたわけです。

今もお付き合いのある人いますし疎遠になった人もいる。

すごい競馬商材のヒットを連発していたのにいなくなった人もいるし、

大きなヒットは出していないが5年6年とある程度の地位で活躍している人もいる。

ずっと第一線の人もいるしね。

その差は何なのかなって。

本気でやったかやってないかなんだよ。

そしてその本気を続けたかやめたかなんだよ。

馬券を買う側もそうですよ。

競馬商材買ってみた。

当たらなかった。

次の競馬商材買ってみた。

そこそこ当たるけど、自分に向かない。

次の…

これ繰り返していく中で

何を学ぶかですよ。

5作品購入したら5作品分の競馬知識が身になっていなくては

新作買ったから過去はポイってのじゃダメなんですよ。

続けること

積み上げること

これが馬券力にもつながる。

というのも昨日メールもらったんです。

佐久の読者歴7年って人から。

競馬商材50本くらい買ったんだって。

当たったり外れたり

喜んだり悲しんだりと続いたが

ずっと続けていくうちに勝てるようになったって。

今年7月時点でプラス1000万円だって。

すごいよね。

いまはじめて冬に1000万稼ぐ派難しいかもしれないけど

7年馬券買い続けた先にここまで来たわけさ。

好きこそものの上手なれだよ。

だからね。

本気で競馬で食いたいなら本気になろう。

そこまで本気になれる自信ないなら

競馬は趣味。

絶対そう割り切った方がいい。