競馬商材

競馬商材解析(佐久凛才)

競馬商材&馬券ライター・佐久凛才です。

売り逃げ競馬商材、ギャンブル商材に気をつけろ

ちょっと今日はコラム的なものを。

佐久が一番最初にスタートしたブログ(2009年スタート)

競馬商材を暴露レビュー公開ブログ

その名の如く、さまざまな競馬商材予想配信を検証し

使えないもの、ヒドイものを

バッサバッサと斬り倒しておりました。

当時の競馬商材界はインフォトップが全盛で

いまのインフォトップの数十倍以上の競馬商材が出回り

優秀な作品や面白い競馬商材、

キレ者のプレナーやスター性のある馬券師などがそろう反面、

なんでこれが3万円?

回収率600%って絶対嘘じゃない?

といった競馬商材もかなりの数で回っておりました。

まぁはっきり言いまして発売される商材のうち

8割くらいは検証する以前からダメでしょ、

と確定できるものばかり。

そしてそんなクソ商材のうち

半分は素人が作った競馬商材売れるならおれも作ろう、、、

や、私は馬券当ててるからこの方法をマニュアルにしよう

といった情報商材初心者なのだが

残りの半分は、情報商材のプロ(競馬はともかく)で

こうやったら売れるというマニュアルを知っているので

競馬商材のロジック、内容は後回しで

ご立派なセールスレターを作るわけです。

ストーリーはだいたいこんな感じ。

・競馬やっても全然勝てない人へ
・あれもこれもやってもダメだった
・そんなあなたへの救世主
・商品の中身にちょっとだけ触れる
・申し遅れましたと作者の紹介
・作者の過去
・エライ馬券で損してサラ金から金借りて自殺寸前に追い込まれる
・そんなときあるロジックが見つかった
・そして・・・
・当たり馬券(偽造かもしれない)をバンバン載せる
・今では借金も返せて馬券生活者
・いい車やおいしそうな料理、海外旅行の写真
・あなたもこんな生活してみませんか???
・商品の紹介(あくまでも中身にはあんまり触れない)
・(まだ販売してないはずなのに)購入者の喜びの声
・これはホンモノですと大絶賛の嵐(まだ販売していない段階で書いてもらったはずなのに)
・料金発表・・・本当は100万の価値があります(じゃあ100万で売れよ)
・だけどみなさんのために9800円で販売します(100万は、どこ行った)
・・・・と思ったけど一人でも多くの方に幸せになって欲しいので6800円で販売します


といった感じ。
長い長いセールスレターで読んでるうちに欲しくなる。

テレビショッピングのパターンだよね。

元Jリーガー城彰二がダイエットに挑戦
はたして結果は…だけで30分引っ張って
見てるうちにその商品がほしくなる。

今も変わらないね。

もちろんこれが宣伝のパターンであり、
この宣伝法で売れた商品の中にいいものもあるわけですよ。実際。

でもとんでもない商品も、このパターンで紹介されると
凄いものに見えてほしくなる。

ではどうするか???

見極めですね。

レターの中に、ちゃんと伝えたいことが入っているか。

凄いぞ、欲しいだろ、ばかりで本質的なことが書かれていないのではないか。

なんでこんなこと書いたかというと、

最近明らかに「売る」だけを目的とした

競馬商材やギャンブル商材が増えてきてるなと感じたからです。

結果を出している競馬商材や読者が多くついているギャンブル予想配信は

売る時がピークなのではなく

売ってからもさらに付き合いが続くことを想定しています。

競馬予想なら予想結果をブログやメルマガでアップしたり

競馬商材なら読者の問い合わせに解答したり

売る時なピークの商品は、

そこをしません・・・だって中身がないから。

その見極めをしないと売り逃げ競馬商材プレナーの

いいカモになってしまいますよ。

--
この競馬商材はどうですか???

佐久でよければお答えします。

sapporo_asobees★yahoo.co.jo(★はアットマーク)

ブログ以上に本音を書いてる佐久の競馬商材無料メルマガ

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カテゴリー

競馬商材解析佐久凛才

競馬商材検証 馬券ライター佐久凛才

ブログ内検索

プロフィール

HN:
saku rinsai
性別:
非公開
自己紹介:
表に別な顔を持ちながら、馬券ライターをしています。
主な仕事はWEB内の某サイトへの重賞レース予想や展望のコラム、アフェリエイターとして競馬商材のレビューなども書いています。昔は情報誌でJRAのレース展望や地方競馬のコラムもやっていましたが、最近は縁がありませんね。
上記の仕事、ならびに競馬商材を検証してほしい、自分の作品をレビューしてほしいなどありましたら、
sapporo_asobees☆yahoo.co.jp(☆はアットマーク)までお気軽にお問い合わせください。